<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

蘭展

いよいよ3月8日から10日まで「蘭展」が開かれます。
関山さんと蘭の種苗の開発者である石河(いしこ)さんが昨年 あーとらぼで出会いました、その小さな出会いが今回大きな花を咲かせようとしています。見た事のない蘭 新しい蘭の表現 アート表現 器のこだわり 蘭をイメージした絵付け 蘭をイメージした音楽表現 空間表現 そして写真表現 9名のアーティストの協力の元 関山雅昭がプロデュースしました。どんな世界が広がるのか私もとても楽しみにしています
出展作家さんたちです(敬称は略させていただきます)
 石河 英作(向山蘭園)                佐野 拓也(サノ・オーキッド)
 石田 隆博(石田蘭園)                市野 茂子(丹波焼 丹窓窯) 
 Yusuke kashiwa(ウォールペインター)       ハヤシ スミコ(treetree)
 釜本 早季子(シンガーソングライター)       友田 多紀(絵付師)
 松井 泰憲(写真家)  
c0204076_19282044.jpg

ぜひ 来て下さいね
c0204076_19324982.jpg

[PR]

by art-lab | 2013-02-22 19:26  

からほりTA塾

毎月第2土曜日の夕方よりTA教育研究所にあーとらぼをお貸ししています、元気になる心理学の勉強会で今月で5回目です。今日は皆様の笑顔をパチリ 主催者ブログhttp://blog.zaq.ne.jp/TAedu
c0204076_14181125.jpg

[PR]

by art-lab | 2013-02-12 14:18  

あーとらぼ俳句会

先週小春日和の週末、今年初めての俳句会でした。今回は諸事情により欠席者が多かったのですが、それでも8名の参加があり、0歳(両親に抱っこされて)から70歳まで幅広く集いました。
今回のお題は「雪」席題は「節分」「小春日和」いずれかと自由句の3句提出でした。
では各自の代表作を1句づつ発表します。

・ 雪原に陽光跳ねて目を閉じる ー ヨシト

・ 爺婆がうつらうつらの小春かな ー ヨウタロウ

・ 鬼は外云わぬ阿弥陀の人なさけ ー ミヤモト

・ 冬の朝いちめんの雪・鳥一羽 ー マサアキ

・ 子を思う父がかぶれる鬼の面 ー 占女

・ 小春日の先にふくらむ梅ひとつ ー ヒサヨ

・ 母見舞う冬の午後は早暗き ー ナオミ

・ 寂し庭ひときわ紅き寒椿 ー ケイコ


俳句会は2ヶ月に1度開かれていますが、その間の参加者の思いや日常がかいま見えてきます、趣味の句、四季の移ろいの句、子を思う母の句、母を思う句、旅の句、日常の何気無い句、今回も楽しく閉会。次回は4月12日金曜日6時です、お題は春の花です。





[PR]

by art-lab | 2013-02-04 12:35