<   2011年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

すみません ありがとう

昨日まで実家の岐阜に行ってました。母に先立たれた父は91歳で身体は弱ったものの、頭も足もしっかりと頑張ってくれています。私が実家に行くといつも父は「来てくれてすみません、ありがとう」と言います、娘にすみませんなんて言わなくていいよ、といつも言うのですが、「こちらこそ出来の悪い娘ですみません、この世に送り出してくれてありがとう」と小さくなった背中に語りかけています。
[PR]

by art-lab | 2011-11-30 21:57  

12月のお知らせ

気が付けば もう少しで12月 早っ!12月の予定をお知らせします 12月4日土曜日17時より「俳句の会」です。、12月10日土曜、11日日曜は空堀の町が靴の町に「シューネクストフェス2011」、あーとらぼも会場の一つになります、くわしくは後日お知らせします。12月18日日曜は 「はんこの会」 の予定です。参加お待ちしています。
[PR]

by art-lab | 2011-11-24 20:17  

ラジオを聴きながら

今日は勤労感謝の日 FM NHKで「今日は1日名曲アルバム三昧」をしています。やはりいい音楽、映画、舞台、そして絵、写真、芸術は心を豊かにしてくれます。そういう意味であーとらぼを通しての出会いはかけがいのないものになっています。FMを聴きながら、先日注文を受けたはんこ作り、ブリザードフラワーのアトリエ「メゾンドスメナ」さんのはんこです、心をこめて作りました。音楽のおかげで、今日はおだやかな一日でした。
[PR]

by art-lab | 2011-11-23 20:48  

秋も深まる

昨日、シマザキソノコさんの写真展も盛況のうちに無事終了しました。お客様もたくさん来ていただき、今回はインドネシアロンボク島の子供たちを中心に構成された写真展で、子供たちの無垢なまなざしが心をとらえました。またいろんなお客様とのふれあいもあり、楽しい展覧会でした。シマザキさんありがとうございました。
c0204076_10475099.jpg

[PR]

by art-lab | 2011-11-21 10:47  

写真展 準備

今日は 明日(11月18日)からのシマザキソノコさんの写真展の搬入日でした、夕方からシマザキさん美人3姉妹が飾り付けにあーとらぼに集合、終了後写真をパチリ、見ごたえのある作品が並んでいます。インドネシアの子供たちの表情と光と空気に、なぜかなつかしさと郷愁を覚えます。
c0204076_23395763.jpg

[PR]

by art-lab | 2011-11-17 23:40  

11月前半あれこれ

昨日のブログにあるように18日の金曜日からシマザキソノコさんの写真展が開かれます。先週12日の土曜日は「伏見の芽」主催で、安藤明子さんの歌といのうえなつこさんのクラリネットの音楽会が北浜の伏見ビルで開催され行ってきました、何とも癒されて心に沁みてくる歌声とクラリネットで満足度の高い音楽会でした。13日はあーとらぼでの「はんこの会」でした、みほさんとまいこさんの若手とクワちゃんソメちゃんの中年組と私、消しゴムはんこと石のはんこ、石のミニチュアの家と作る物もいろいろ、雑談とお茶とおかしと手も動かし口も動かし、夕方には関山さんが寄ってくれ前日の音楽会の話で盛り上がり、散会しました。夕方からのお客様の多い日で、点と点が話をしているうちに線になる事もしばしば、この話はまた別の日に。
[PR]

by art-lab | 2011-11-14 16:39  

シマザキ ソノコ 写真展 「そのいち」 

11月18日~19日に
シマザキ ソノコさんの作品展を開催します。

インドネシアの人を撮影した写真展です。
人の目に見えない気持ちを
写真を通して表現していきたいとの事です。
是非、お立ちよりください。

c0204076_11412187.jpg

[PR]

by art-lab | 2011-11-13 11:41  

第2回ネット俳句会 選句  テーマ 秋桜 月

お待たせしました。
少し遅れましたが「あーとらぼネット俳句会」第二回の結果を
とりまとめましたのでお知らせいたします。
今回は41名の方にご参加いただきました。
前回より人数では少し減りましたが
内容面では充実していたように思います。
選句の状況もかなりばらけており選句の
最多数は10句でした。(前回の最多選句数は12句)
兼題は「月」と「コスモス」でしたが、みなさんの切り口がいろいろあって作句、
選句とお楽しみいただけたのではないしょうか。

後、本来、俳句では、分ち書き、横書きで、表記しないのですが
わかりやすくするために、分かち書き、横書きで明記しています。



さて、第3回ですが下記のとおりご案内いたします。
選句数の多少に拘わらず、ご自分の気持ちを句に託して是非ご参加ください。

第3回の兼題
    「雪」OR「餅」
①投句          どちらかの兼題でお一人俳号付記)1句
②投句締切期限      平成24年1月15日
③投句先アドレス     menat@nifty.com
[PR]

by art-lab | 2011-11-01 16:31 | ネット俳句会  

選句 10点句  テーマ 秋桜 月

10点句が1句ありました。

① 33番  秋桜 駅まで嫁と 歩を合わす

詠み人 幸子

窓女選→嫁が歩調を合わせてくれてるんですよ。
      嫁と姑か舅か不明。

蓮音選→*これは妻を気遣う男性の優しさが感じられました。
      でも、ひょっとしたら、姑さんかもしれないですね。
      結構、いろんなシチュエーションがありそう。
      「合わす」のほうが字づらがいいとは思いました。

チイチャン選→お母さん頑張って。
   
占女選→ロマンチックなご主人ですね。
      お嫁さんはどんな人かなぁと想像ふくらみます。
      (イメージは宮崎あおい風の女性かな。)

蛙選→今のうちにこの風情を楽しもう,介護の句にならないように. 
   
水谷小鳥選→姑の一生懸命な姿が浮かんでくる

珍陀酒選→心のなかで対話があるのか、
        それぞれ別の思索にふけっているのか

おしりナップ選→ なんとなく思いやりがある。

紅葉葵選→そう若くない姑が若い嫁と一緒に歩く楽しさが、
       コスモスの花のやさしさと共に伝っていい句です。

花子選→ いい風景ですね
[PR]

by art-lab | 2011-11-01 11:50 | ネット俳句会  

選句 9点句 テーマ 秋桜 月

9点句が2句ありました。


② 27番  満月を えいと飛び越え 水たまり

  詠み人 たこやま


もっさんみいこ選→綺麗なものと動きが絵になる一句です。

窓女選→水溜りなんて最近ありませんねえ。
      子供のころは、ありましたっけ。懐かしい。
   
おときち選→絵になる、情景

蓮音選→*水たまりに映る満月を飛び越えたんですね。
      動きのあるいい句ですね!
      私が作ったら、「飛び越す」にするかも。

村丘凡人選→昔が懐かしいですね。
         舗装しない土の道や
         畦道の雨上がりが目に浮かぶ。

月詠の命選→凄い、満月を飛び越えましたか~。
         一年きっと、ツキが来ますよ。

幸子選→いつも通っている道に水たまりがあり
      不安な場所ですが、
      満月を写して誇らしい水たまりを
      エイッと一気に
      飛び越える元気な句

虹→遊び心とお人柄が伝わるいい句です。

バード選→


② 32番  お月さま まあるくなれぬ 夜もある


詠み人 水谷小鳥


鳥子選→優しくなれない自分を反省するとき、
     月がなぐさめてくれるようです。

おときち選→感情のゆたかさを感じれる。
    
蓮音選→*今回、一番好きな句です!
      きっとお月様の満ち欠けと自分の気持ちがリンクしてるのでしょう。

チイチャン選→発想がユニーク。

村丘凡人選→ う~ん! わかるわかると言う感じだ。

占女選→月と自分を重ねているのでしょうか。
     だとしたらとってもかわいい、
     こんな事が言える女性になりたい。
  
月詠の命選→仕事帰りのとぼとぼと歩く、
         私の心境のよう。

或 宙太郎選→お月様にかけて自分の事を言っている
          意味の深い句です。

わかちゃん選→わかります、とんがってる時もありますね
[PR]

by art-lab | 2011-11-01 11:49 | ネット俳句会