<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

打ち合わせあれこれ

c0204076_1919254.jpg今週は作品や企画の打ち合わせが続きました。
美章園にある和菓子・福田屋さん
にて企画の打ち合わせをしました。
福田屋さんは高知の野根まんぢうを
中心にアイデア溢れる和菓子作りを
展開してらっしゃいます。
打ち合わせ後、なんと螢窯さん作の
中皿に抹茶を淹れてもらいました。
さすが和菓子屋さんのもてなしだと
素人っぽく感動しました。

c0204076_19334737.jpgあと、中皿が抹茶茶碗として使える
ことにも驚きました。
頭ではわかっていても
やはり実際に使ってるところを
発見すると腑に落ちるというか
思わずなるほどぉと
唸ってしまいます。
飲み干して抹茶まみれの
魚紋姿がまた味です。



c0204076_19452100.jpg京都・妙心寺付近でも
打ち合わせがありました。
この日の京都は冷える冷える
空気が淀みなく澄んで
妙心寺の池にもうっすらと
氷が張っていました。







c0204076_19503223.jpg今日は茨木市の骨董屋
福嶋屋さんにて
打ち合わせがありました。
福嶋屋さんであーとらぼが
何かできないかアイデアや
ヒントを出し合いました。
アンティーク食器にコーヒーを
淹れてくださいました。
第一土日は、福嶋屋さん
フェアを開催しています。
骨董作品も都度、
紹介していきたいと思います。
[PR]

by art-lab | 2010-01-15 21:27  

感謝・感謝の新年会―器に酔う。

c0204076_048189.jpg新福島のおばんざい屋「あほうどり」さんで
新年会をひらきました。
日本酒を頼むと、あーとらぼで買っていただいた
穴あきカラカラ(写真右)が
出てきて感激しました。
本当にありがとうございます。

素敵なおばんざい屋で日本酒を注ぐ風景を
見ると、やっぱり使ってなんぼと思うし、
今年は自分自身がもっとどんどん使って
体感するってことを何より重視すべきだとしみじみ思いました。

出てくる言葉が違う。言霊といいましょうか。使ってるとそのモノに対してそれだけ深みのある言葉が出るのがわかります。
使えば使うほど。
それは、上手に説明できるだとか、知識がたくさんあるとかいうことではなく、
ただ気持ちが入っているということで。

正月に4歳の女の子と穴あきカラカラで
酒の飲み比べをしました。
もちろん中身は水ですが、
ぐい呑にカラカラを併せて酒宴のごとく演出すると
女の子は酒(水)を呑むわ、呑むわ
10杯、20杯と。そして酒宴の世界に入り込んで
うぃ~とどんより酔っ払ったような表情で
「もう一杯くれ!」
と酒を煽り、老成。よっ、小さなヨッパライ。
酔わせたのは酒器で、器に酔う、なんて
体験を私もしてみたい、ウラヤマシイものです。
[PR]

by art-lab | 2010-01-13 00:56  

蘇生する虎。 (干支ぐい呑 by 螢窯さん)

c0204076_1438175.jpg今年の干支、虎のぐいが届きました。
虎爪と福に金彩が入り、
ひとつひとつ面白い表情をしています。
このぐい呑ですが、お酒を注ぐと
青い虎が活き活きと躍動するんです。
まさに水を得た魚ならぬ、
水を得た青い虎といった趣きで、
金彩の福の文字もグッと浮かび上がり、
晩酌に縁起を担ぐという意味で
とくに阪神ファンには欠かせない作品です。
c0204076_14405246.jpg
干支ぐい呑 ¥2,500
上写真:地を這う虎のぐい呑風景。
昨年の阪神タイガースを思わせる。
捲土重来、沖縄からやって来た青い虎。
下写真:お酒に浮かび上がる青い虎・金の福。
お酒を淹れ、青い虎が活き活きと蘇る!
意志ある虎は、福を呼び込む!
頑張れ!!阪神タイガース!!
[PR]

by art-lab | 2010-01-09 15:21 | 作品紹介  

陶器を注文する@あーとらぼ

gallery あーとらぼc0204076_14472121.jpg
お気軽に陶器のご注文ができます。
沖縄大宜味村で作陶されている
作家・山上學さんの素敵な作品です。
土鍋、お茶碗、湯呑み、取分け皿、ぐい呑
コーヒーカップ&ソーサー、大皿、灰皿、ボウル、
ゴブレット、ボウル、カラカラ酒器、香炉等、
できる限り皆様の声にお応えします。
・・・といっても具体的にどうすればよいのか?
これだけではわかりませんので、
写真右の灰皿を特別注文したお客様の
オーダー例をご紹介いたします。
c0204076_13291013.jpg
1、あーとらぼにご来店、店番にお声かけください。
電話・メールによるお問い合わせもOKです。)
 ○×△様の例
―職場でお世話になった先輩がいました。
 今年いっぱい転勤で大阪を離れるのですが、
 タバコがないと、どうにも落ち着かないヒトだから
 御礼に灰皿をプレゼントしようと思うんです。

2、その場でサイズ・デザイン・予算・納期等の
  打ち合わせをします。カタログもあります。

 ―シンプルなもので構いません。
 ・・・あとは、作家さんにお任せします。
 納期は急ぎませんが、年内でお願いします。
(納品日等、具体的な打ち合わせは
 都度、ご連絡いたします。)

3、ご注文から約1か月~2か月でお届けします。(打ち合わせの内容によって期間は異なります。)
c0204076_14431348.jpg
     出来上がった灰皿。中央のヒスイの輝きが印象的です。
     是非、あーとらぼまでお気軽にお問い合わせください。
[PR]

by art-lab | 2010-01-08 15:35 | 作品紹介